2019年12月31日

2019.5.1メモ

タレの黄金比を覚えて簡単!こっくり鶏つくねの甘酢あんかけ 食べごたえのあるこっくり酢で食欲倍増に!こっくり酢の黄金比は、酢1(大さじ3)、しょうゆ1(大さじ3)、みりん1(大さじ3)を混ぜるだけ! この黄金比1:1:1を覚えておけば、3ステップであっという間にメインおかずが完成します。
●鶏つくねの甘酢あんかけ

【材料(4人分)】 ・A[鶏ひき肉400g 長ネギ(みじん切り)1/2本 卵1個 麩(包丁で細かく刻む・またはパン粉)20g 塩小さじ1/2] ・こっくり酢(酢、しょうゆ、みりん各大さじ3) 全量 ・B[水大さじ4 片栗粉小さじ1] ・ミツバ(ざく切り) 適量

【つくり方】(1) ボウルにAを入れて粘りが出るまでよく混ぜ、直径26cmのテフロン加工のフライパンに平らに広げる。2) 中火にかけ、フタをして3分蒸し焼きにする。十字に切れ目を入れて裏返し、フタをせずに2分焼き、ひと口大に切って器に盛る。3) 小鍋にこっくり酢を入れて中火で煮つめてあんにします。沸いたら1分ほど煮つめ、混ぜ合わせたBを加えてとろみをつける。(2)にかけ、ミツバを添える。 [1人分275kcal]

気軽な担々麺■肉みそ ・鶏ひき肉 150gくらい
・長ネギ 10cm・生姜 10g・ニンニク 少々(みじん切り) 肉みそは炒めて味付け・鶏ガラスープの素 小さじ1・豆板醤 大さじ1
・甜麺醤 小さじ1 甜麺醤(テンメンジャン)がないときは豆板醤を多めにして砂糖を少し加えます

・ゴマ 50g ・干しエビ 大さじ2・水(100cc)を入れてガーーっと。水 300cc ・豆乳 200cc・しょうゆ 大さじ3〜4・鶏ガラスープの素 小さじ2 ・豆板醤 小さじ2・砂糖 小さじ1/2・ごま油 少々 だいたい全部で600ccくらいを目指しています
味見をして調整します麺を食べるためのスープなのでスープの味見をして「ちょうどいい」だと、ちょっと薄めです「ちょっとしょっぱい」くらい豆乳を使うとまろやか♪苦手でしたら、みずだけでもOK もちろん、ネギの青いところやハンパな野菜で作ったスープならもっと美味しいですよ^^後は、麺をゆでてスープを注いで具材をトッピング


「なぜ自分が?」と思わない「過去を手放す」生き方/岸見一郎「老後に備えない生き方」(毎日ネット)


おいしいキーマカレー(きょうの料理)
死んだ人の夢を見るというのは、死んだ人との関係の中でやり残したことがあるということである。それがすべて清算できた時に、死んだ人はもはや夢の中に現れてこなくなる
評論家・樋口恵子氏 70歳で都知事選立候補の暴挙に出た理由 2019/04/23 07:00



安室奈美恵と樹木希林の共通点 カンニング竹山「素敵な生き様に考えさせられた」連載「言わせてもらいますけどね!」
作家の読者道(本谷由希子さん)評論家・樋口恵子氏 70歳で都知事選立候補の暴挙に出た理由 2019/04/23 07:00
品切れ書店が続出し、たちまち3刷が決まった『70歳のたしなみ』(小学館)。昭和女子大学理事長・総長で『女性の品格』(PHP新書)著者の坂東眞理子さんが、人生100年時代が現実になった今、幸せな高齢期を過ごすために持っておきたい32の「たしなみ」をつづった新著だ。これから70代を迎える人たちに向けた本だが、では、70代を終えた人はどう70代を振り返り、この本をどう読むのか。86歳の評論家・樋口恵子さん(86才)に読んでもらった。
 * * *
 人生100年時代と言われるように、ここ10年ほど日本人は「長生き」が当たり前になってきました。昔の70歳は、今とこれからの70歳とはまるで違います。この本は、人生90〜100年の長寿時代を我が身に自覚して生きる世代の実感から生まれています。本格的長寿時代の初代として、たくさんの「発見」と、新しい事態に対応する「発明」がいっぱいに詰まっています。
 同じ団塊世代の方にとっては、ともに時代の風を自らの帆に受けて、これからの人生を生きる指針となるでしょう。もっと若い世代の方は、はるかに長いこれから歩む人生を見据えながら、先輩という生き方のモデルがあることを幸せに思うでしょう。
 著者の言うとおり、70歳は「もう」ではなく、未来に向けて多くの資源を身につけています。著者より半世代(約15年)年長の私は「70代」は老いの働き盛りだったと今にして思います。
 でも、70歳に必要なことは、がむしゃらに働くことではなく、周りが見えて、他者に、特に若い世代に目配りし、自分は「上機嫌」に生きてみせる。それが70歳のたしなみという著者の意見に大賛成です。70歳をはるかに超えた86歳の私にとっても共感し、実践したい提案がたくさんありました。
 70歳といえば昔は大変な長生き。そこまで生きたら「まだまだ長い自分の人生」を決して投げ出さず、丁寧に大切に生きる。と同時にここまで無事に生きてきた立場として、同世代以下、これから生まれてくる人たちに対しても、何か役に立ちたいという思い。その思いを実践しようというのが、著者の言う「たしなみ」だと思います。
 日本は世界トップクラスの長寿国。しかし、2世代前は人生50年、その少し前は戦争で多くの人が不本意に早死にしました。今、私たちは自分で生き方を選べる平和な時代に感謝しつつ、何かできることを考えたい。この本を読んでつくづく共感しました。
 食い逃げは70代の恥。 役に立つは70代からのたしなみ、と思います。
◆年の功は他者の命もいとおしめるようになる
 本書を読んでいて、70代を通り過ぎた私から見ても、心に残った箇所がたくさんありました。いくつか挙げると―─
〈「もう」70 歳だから「今さら」何をしても遅すぎる、「どうせ」成果は上がらないと自分をおとしめるのは金輪際やめよう〉
 私は70歳で都知事選立候補という一種の「暴挙」に出ました。ちょうど大学が定年になってひと区切り。「もう終わっていい」と悲愴な覚悟で臨みました。確かに多くのものを失い、大きな挫折ではありました。しかし、決して「終わり」ではなく、得たものも多く、こうして今も活動を続けています。70歳であろうと80歳であろうと、たった一度の自分の人生。その命をいとおしみ、年の功は他者の命もいとおしめるようになると感じます。
仕事も用件も行くところも与えられるのではなく、自分でつくるのだ
 自分の70代を思っても、70代からは自分で仕事をつくっています。
自分を励まして少し無理して生きるのが高齢期を豊かにするライフスタイルだと思う
 私も「少しの無理」は長生きの預金だと思っています!
〈女性は一つの幸福の型にとらわれなくてすむようになったから幸せになった〉
 このあたり、男性にも女性にも「70歳」から見えるジェンダーの風景だなと思いました。
※女性セブン2019年4月25日号
posted by なし at 23:32| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。